t-miyajima blog

面倒くさがり屋のブログ

ハンドドリップ初心者が淹れる1人前のコーヒー(ダブルミーニング)

【道具】

最低限必要なもの(最初は100円ショップのものでもいい)

  • ドリッパー(3つ穴のやつ)
  • コーヒーのペーパーフィルター(台形のやつ)
  • お気に入りのマグカップ
  • お湯を注ぐ道具(ジョウロみたいなやつ)

以下は後でもいい

  • コーヒーミル(Amazonで1番売れているやつ)
  • 温度計(長いデジタルのやつ)
  • デジタルはかり(1キロまで計れるやつ、1グラム単位)

※きちんとした道具はコーヒー淹れるのに飽きなければ買いましょ。

 

【材料】

  • 普通のコーヒー豆(安いやつ)
  • 水道水
  • 美味しいコーヒー豆(深煎り)

 

【手順1】……ここが難関

  1. コーヒーをハンドドリップで淹れなければならない環境に身を置く(1番難しい)
  2. ある程度ハンドドリップの回数をこなす(30回とか)
  3. ハンドドリップはそれほど面倒くさくないことを知る(or慣れる)

【手順2】

  1. 最低限の道具を用意する、最初は豆は安いのにする
  2. 自分でハンドドリップして飲んでみる
  3. なんか違うのかなぁ、なんて思ったりする
  4. なんか色々と試行錯誤してみる

【手順3】

  1. いつの間にか道具が揃っている
  2. カリタのドリッパーにコーヒーフィルターをきちんと折ってセットする
  3. ドリッパーをマグカップの上に置く
  4. マグカップは少しのお湯で温めておく
  5. 深煎りの美味しい豆を11グラム、まぁまぁ細かく挽く(アマゾンで1番売れてるハリオの手動ミルだと3)
  6. 挽いた豆をコーヒーフィルターの中に入れて平らに均す
  7. ホーローのコーヒーポットでお湯を85度くらいに沸かす
  8. マグカップのお湯を捨てる
  9. お湯をコーヒーフィルターに少し注いで、粉を全体的に濡らす
  10. 20秒程蒸らす(要は放っておく)
  11. お湯を注ぐ。蒸らすために注いだお湯を含め、135グラムくらい注ぐ
  12. フィルターからお湯がほぼ落ちたら完成
  13. そのままではコーヒーが濃いのと少ないので、余ったお湯をマグカップに注ぐ(お好きな量)

【初心者の独り言】

  • 膨らむ?
    新鮮な豆だとお湯を注いだ時に粉が膨らむ、みたいな記述があるけど、深煎りの豆だと新鮮でも膨らまない気がするんです。もしくは1人前だけ淹れてるから豆が足りないのかなぁ。
  • お湯の量
    10グラムの豆に通すお湯の量は110ミリリットルくらいが良いのかなぁと思います。上で135グラムって書いてあるのは、豆に吸収される水分が20グラムくらいなのかなぁ、という感じです。抽出されるコーヒーの量が少なくてわびしい、という場合でも、どちらかと言えばドリッパーに沢山のお湯を通すのではなく、抽出されたコーヒーにお湯を足したほうがスッキリした味になると思います。
  • 温度
    最初は沸騰させてた。でも、深煎り豆だと温度は低いほうがいい。これは味で分かる気がする。沸騰させたての熱湯で深煎り豆淹れるとホント不味い、焦げみたいな味になったこともありました。良い豆を買ってきたのに不味い、という時は温度が原因かも。
  • 最初の道具
    コーヒーポットなんて無いので100円ショップのプラスチックじょうろでお湯を注いでました。この人のブログのじょうろと同じヤツです。これでも十分お湯が注げるヨ。沸かすのは別の道具で。

    zumi052nd.blog.fc2.com

  • その他
    他の人に味をみてもらうのは、結構あてになるのでオススメ。